技術記事

「注射剤のプレフィルドシリンジ製剤への切り替えにおける課題と実践的ソリューション」 

【最新情報のお知らせ】

このたび、雑誌「雑誌「PHARM TECH JAPAN」の2021年1月号に掲載された注射剤(プレフィルドシリンジ)に関する技術記事をご紹介します。

先日のCPhI Japan 2021にて出展社プレゼンテーションで発表した内容もこちらになっております。

是非ダウンロードしてご覧ください。

記事タイトル:
「注射剤のプレフィルドシリンジ製剤への切り替えにおける課題と実践的ソリューション」

主な内容:

開発・治験段階をバイアルなどの他の剤形で行った後、プレフィルドシリンジとして上市するケースは少なくありません。このような切り替えは患者さん及びステークホルダーに大きなメリットがありますが、慎重かつ戦略的に行う必要があります。なぜなら新しい剤形へ変更するにはそれなりの投資が必要となるためです。

以下の事項について解説したホワイトペーパーをダウンロードしていただけます。

  • プレフィルドシリンジが患者さん及びステークホルダーにもたらすメリット
  • 最適なプレフィルドシリンジを選ぶには
  • バイアルとプレフィルドシリンジのブリッジングについて



ご質問やお問合せは下記のお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

Speaker Image 1